化粧品輸入代行とは~NEWスタイルのコスメ事情~

化粧

受託生産で良質なコスメを

生産コストなどを削減可能

OEMは、日本語で受託生産を意味します。それは、委託者のブランドで特定の商品を開発・生産することです。OEMについて知っておくとよい点は、効率的な生産体制が実現することです。現代において、OEMは化粧品などのコスメティクス用品の開発・販売に多く用いられています。化粧品は、シーズンごとに新商品が登場する上に、それぞれのブランドが独自のコンセプトや効果を打ち出しています。しかし、新商品の開発ごとに自社で研究・生産すると多大な時間とコストが発生します。そこで、OEMを活用すると受託者のニーズに合ったサンプル商品を生産することができます。それによって、受託者は設備投資や研究に割く時間やコストの圧縮が実現します。

小ロットの受託にも対応

現代において、OEM体制を基に商品を販売している化粧品会社が多数存在しています。化粧品は、とくに季節や流行による移り替わりが激しいアイテムです。そのため、各企業はOEMを利用した効率的な商品開発と販売体制に転換を図っています。この流れを受けて、化粧品会社を主な受託者に設定しているOEM業者が増加していると同時に、業者間でサービスの拡充が広がっています。それゆえ、今後はよりきめ細かい対応が可能なOEM業者に需要が集まると予測できます。たとえば、市場調査や小ロットの注文も承ることなどです。市場調査は、時間と人的コストがかかる作業です。しかし、OEM業者に受託すればその労力を節約することができます。また、100個や50個単位の生産が実現すれば、サンプル品の販売が可能になります。